Bridal Journal

2019-10-18婚約指輪 (最終更新日:2019/12/24)

結婚指輪と婚約指輪を重ね着けするコツは? 素敵に見せる指輪の選び方と着け方

結婚指輪と婚約指輪の重ね着けが人気の理由とは? 結婚指輪と婚約指輪の重ね着けが人気の理由とは?

結婚指輪と婚約指輪の重ね着けが人気を集めています。薬指を華やかに彩る指輪の重ね着けはおしゃれなだけでなく、パートナーとの絆をより一層深めるものとなるでしょう。

しかし、ただ指輪を重ねただけでは洗練された手元にはなりません。重ね着けによって手元を華やかで素敵に見せるためには、結婚指輪と婚約指輪を上手に重ね着けするコツと方法を知ることが重要です。

 

そこで今回は、重ね着けのための指輪の選び方や重ね着けするときに気をつけて頂きたいことについてご紹介します。

結婚指輪と婚約指輪を重ね着けするメリット

結婚指輪と婚約指輪を重ね着けすることにより、指輪を単体で着けるよりもコーディネートの幅が広がるというメリットがあります。婚約指輪は華やかなデザインであることも多く、結婚後に着用できる機会はパーティーなどフォーマルな場だけと思われがちですが、結婚指輪と重ね着けを行うことで普段使いしやすくなるのも魅力といえるでしょう。

 

また、結婚指輪にダイヤモンドが施されている場合には婚約指輪と重ね着けすることで、手元をより華やかに見せることもできます。

重ね着けのための指輪の選び方とおすすめの着け方

結婚指輪と婚約指輪の重ね着けは、ただ重ねて着ければ良いという訳ではありません。リングを重ね着けしておしゃれに見せるためにはバランスが大切です。バランスを考えて指輪を選ぶことで、手元を素敵に演出することができます。

 

また、結婚指輪と婚約指輪を同じブランドで揃えると、たとえデザインが違ってもコンセプトや色合いが似ているため、重ね着けしやすいです。もちろん、結婚指輪と婚約指輪を別々に購入したとしても、ポイントを押さえて指輪を選ぶことで素敵に重ね着けできます。

 

ここでは、重ね着けのための結婚指輪と婚約指輪の選び方とおすすめの着け方を詳しくご紹介します。

指輪の素材の色を合わせれば上品な印象に

指輪の素材の色を合わせれば上品な印象に 指輪の素材の色を合わせれば上品な印象に

重ね着けすることを念頭に置いて結婚指輪と婚約指輪を選ぶときは、指輪の素材の色を合わせることで統一感を出すことができ、上品な印象の手元が完成します。華奢なデザインの結婚指輪を選んだ場合、指の太さや節などの気になる部分が目立ってしまうことがあります。

しかし、同じ色の指輪を重ね着けして手元をボリュームアップすることで指とのバランスが良くなり、指の太さや節を目立たなくしてくれるでしょう。

 

また、飽きのこないシンプルなマリッジリングとダイヤモンドの付いた婚約指輪を重ね着けされる場合でも、同じ色の指輪にすることでデザインの違いを気にせずに重ね着けを楽しむことができます。

指輪のデザインを合わせればさらに美しい手元に

指輪のデザインを合わせればさらに美しい手元に 指輪のデザインを合わせればさらに美しい手元に

結婚指輪と婚約指輪を重ね着けする前提で選ばれるときは、指輪のデザインを合わせてみてはいかがでしょうか。異なるブランドの指輪でも、デザインを合わせることでさらに美しく手元を彩ることができます。

 

結婚指輪には、シンプルなストレートラインをはじめ、スタイリッシュな印象を与えるV字ラインや優雅なS字ラインなど、さまざまな形のリングがあります。

どんなデザインの指輪でも同じラインのデザインを選ぶことで、重ね着けする際に指輪の間に隙間ができず、見た目にも着け心地の点でも違和感がありません。

異なる素材の色やデザインのものを合わせ、個性的な印象に

あえてゴールドとプラチナのように異なる素材の色の指輪を合わせることで、より個性を出すこともできます。リング全体に宝石が施されているエタニティリングとシンプルな指輪を合わせて手元に華やかな印象を与えるなど、異なるデザインを合わせるのもよいでしょう。

 

ただし、リングの素材や厚み、色が揃っていないとバランスが悪くなり浮いた印象を与えてしまいかねません。

コーディネートするのが難しい場合は、重ね着けすることを前提にデザインされているセットリングを選ぶのも一つの方法です。

 

⇒4℃ブライダルのセットリングを探す

重ね着けする順番は結婚指輪を内側に

おしゃれのためにするファッションリングの重ね着けとは異なり、結婚指輪と婚約指輪の重ね着けには深い意味があります。重ね着けするときの順番としては結婚指輪を指の内側に、婚約指輪を外側に着けるようにすることで、「愛の誓いにふた」をしてしっかり守り、永遠の愛の証とすることができます。

結婚指輪と婚約指輪を重ね着けする際の注意点

重ね着けすることを前提に指輪を選ばれる際は、それぞれの指輪のサイズに注意しましょう。2本とも同じサイズだときつく感じる方もいらっしゃるので、結婚指輪はジャストサイズにして重ね着け用の婚約指輪を少し大きめに作ることがあります。

ただし、サイズが大きいと指輪が抜けてしまうこともあるため、試着の際に2本で着けたときと1本で着けた時のサイズをきちんと確認するようにしましょう。

 

また、指輪同士がぶつかり合って傷ついたりしてしまう恐れもあります。指輪を着用するうえで傷や汚れは避けられないものですが、重ね着けのデザインやサイズを選ぶ際は特に注意が必要です。

 

⇒4℃ブライダルのアフターサービス(永久保証)

普段から結婚指輪と婚約指輪を重ね着けて華やかに

一般的に、日常的に身に着ける結婚指輪とは違い、婚約指輪を身に着ける機会は限られています。基本的にはいつ身に着けても構わない婚約指輪ですが、高価な宝石付きのものやゴージャスなデザインのものは、日常使いに気が引けてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、重ね着けできる指輪を選ぶことで婚約指輪を長く楽しめ、普段から華やかで素敵な手元を演出できます。指輪を重ね着けしていれば、あなたが指輪を気に入っていることや大切にしていることがパートナーに伝わり、ふたりの愛を一層深める助けになるでしょう。

 

⇒4℃ブライダルの結婚指輪を探す

⇒4℃ブライダルの婚約指輪を探す

婚約指輪・結婚指輪をお探しなら
4℃ブライダル

おふたりに寄りそって大切な
リング選びをお手伝いさせていただきます。

美しさと心地よさを追求した4℃のブライダルリング
1972年から大切にしてきたのは
「身に着ける女性と調和し、内なる魅力を引き出す」ジュエリー。
確かな品質でつくられた信頼の煌めきを
お約束いたします。
永遠の愛をさらに輝かせる 4℃のブライダルリング
  • 2020 Year model Our Bond2020 Year model Our Bond
  • 婚約指輪婚約指輪
  • 結婚指輪結婚指輪