婚約指輪

プロポーズの指輪の渡し方は?婚約指輪を用意するタイミングとポイントとは

2022-04-24(最終更新日:2022/07/14)

プロポーズの前と後どっち? 婚約指輪を用意するタイミングとポイントとは

これからプロポーズを考えている男性は、婚約指輪を購入するタイミングはプロポーズの前なのか後なのか、悩まれているのではないでしょうか。ロマンチックな場所で、プロポーズの言葉と一緒に婚約指輪を渡されることを夢見る女性もいらっしゃいますが、プロポーズ後に婚約指輪を一緒に選びに行きたいという女性も増えています。

 

そこで今回は、婚約指輪を購入するタイミングと確認しておきたいポイントを合わせてご紹介します。

プロポーズの時に渡す指輪は?

 

結婚にまつわる指輪として、「婚約指輪」と「結婚指輪」があります。

一般的に「婚約指輪」は結婚を約束した証として、男性から女性に贈る指輪のことを言います。指輪を付けることで結婚の意志と、相手への愛を示していると言われ、プロポーズの時に渡すことが多いようです。

「結婚指輪」は結婚したという証と同時に、二人の絆と永遠の愛の象徴と言われています。

最近では、プロポーズの時に贈る「プロポーズリング」を用意する方も。「プロポーズリング」はプロポーズ専用のリングなので、「指輪のサイズがわからない」「好みのデザインがわからない」、サプライズでプロポーズを検討している人などにおすすめ。

「プロポーズリング」を贈り、プロポーズが成功した後二人で婚約指輪を買いにいくことができるので、サイズや好みで失敗することもありません。

 

婚約指輪の由来って?

 

婚約指輪の歴史は古く、古代ローマ時代が始まりではないかと言われています。その時代には契約を行う際に印章指輪というものが用いられており、それが由来とされています。さらに既に婚姻の証を贈る習慣もあり、結婚の約束を誓うものとして男女共に鉄の輪を身に着けていたそう。形も永遠に途切れない形として金を使った円(リング)が用いられていました。

その後、高度経済成長など時代の変化により、新郎から新婦に贈られるようになり何もついてない金から、美しい輝きとその固さから「固い絆」を表すダイヤモンドがあしらわれたものになっていきました。婚約指輪は、契約の証ではなく愛の証として広く一般的に贈られるように変化していきました。

 

婚約指輪を用意するのはプロポーズの前? 後?

婚約指輪を用意するのはプロポーズの前? 後? 婚約指輪を用意するのはプロポーズの前? 後?

婚約指輪はプロポーズの前、または後に用意すべきといった順序に決まりはありません。お相手に喜んでいただける渡し方やタイミングを考え、準備することが大切です。

ここからは、プロポーズ前、プロポーズ後の婚約指輪の用意するタイミングについて見ていきましょう。

プロポーズと同時に渡されるのは女性の憧れ

婚約指輪はプロポーズと同時に渡されることを夢見ている女性には、前もって婚約指輪を用意しておきましょう。プロポーズ前に婚約指輪を用意するメリットは、お相手に驚きと感動を与えられることです。

 

ただし、プロポーズの前に婚約指輪を用意する場合には、彼女が好む指輪のデザインやサイズを把握しておく必要があります。デート中に彼女が身につけているジュエリーを観察したり、友人に聞いてみたりするなど、事前に好みをリサーチすることが大切です。

 

サプライズで渡す際の注意点

 

婚約指輪をサプライズで渡したいと考えている方も多いようですが、サプライズで渡す場合は失敗を防ぐためにも準備を念入りに行う必要があります。

まずは、最初にチェックするのは指輪のサイズです。あらかじめ贈る相手の指のサイズを確認して指輪の準備をしましょう。せっかく贈ったのに小さくて入らない、大きすぎてゆるゆるなどサイズが合わないとプロポーズが台無しになってしまうことがあるかもしれません。

さらに、せっかく贈る婚約指輪だからお気に入りを付けて欲しいですよね。その為にはどんなデザインが好きかなど相手の好みを把握しておくことも重要です。普段のファッションや付けているアクセサリーから好みをチェックしておきましょう。

 

こだわりのある彼女にはプロポーズの後に渡す

自分で婚約指輪を選ぶ自信がない場合や婚約指輪にこだわりのある女性の場合は、プロポーズの後に彼女と一緒にショップへ行くことで、デザインやサイズに悩まずに、彼女が喜ぶものをプレゼントすることができます。

 

プロポーズの時には婚約指輪に代わる花束などのプレゼントを用意してプロポーズの言葉と素敵なプレゼントを一緒にお渡しすれば、彼女にきっと喜んでもらえるはずです。

また、プロポーズ後に婚約指輪を一緒に見に行くことで、セットリングで気に入ったものを選べたり、同時に結婚指輪を購入することで3点購入の成約特典などを受けたりすることができるのもメリットです。

婚約指輪を準備する際に確認しておくべきこと

プロポーズを成功させるためには、婚約指輪のデザインやサイズの他にも、知っておくべきことがあります。婚約指輪を準備する際に、事前に確認しておくべきポイントをご紹介します。

婚約指輪仕上がりまでの期間

婚約指輪には既製品、セミオーダー、フルオーダーがあり、それぞれ仕上がりまでの期間が異なります。プロポーズを予定している日に間に合うよう余裕を持って準備しておくことが大切です。

 

既製品であっても、サイズ調整、イニシャルや日付の刻印をする場合は約2~3週間かかります。

セミオーダーは既製のデザインの中からデザインや宝石を自分好みにアレンジする方法です。セミオーダーの婚約指輪の受け取りは、約1~2ヶ月かかるとみておきましょう。

フルオーダーの場合は、デザインからすべてオリジナルで作るため、約2~3ヶ月、ショップによっては半年間かかる場合もあります。

 

プロポーズと同時に婚約指輪を渡そうと考えている方は、事前に婚約指輪の準備期間を確認しておきましょう。

弊社では最短3日で発送可能な商品も取り揃えております。

お急ぎリング一覧

婚約指輪の相場価格

婚約指輪を選ぶ前に、だいたいの相場を確認しておきましょう。現在の婚約指輪の相場は約20万円から30万円前後と考えられています。

実際に、婚約指輪の価格帯は10万円台から50万円を超えるものまで幅広くあります。10万円以下を選ぶ方もいれば、100万円以上を選ぶ方もいらっしゃいますので、婚約指輪にかける予算は人それぞれだと言えるでしょう。

 

また、ショップによっても価格帯は異なり、デザイン、ダイヤモンドの品質によっても変わります。婚約指輪はたくさんの種類があるため、予算が決まったらショップのスタッフに相談してみましょう。

 

こちらの記事もおすすめ

婚約指輪の相場はいくら? 年代・デザイン別の価格感をご紹介

2020-03-31

婚約指輪の相場は、結婚指輪よりも高いのが一般的です。婚約指輪の歴史を紐解くと、かつて婚約指輪は「もしものときのための生活の備え」として男性から愛する女性に贈られた、深い愛の証であったことがわかります。

続きを読む

彼女が希望するタイミングに婚約指輪を渡そう

婚約指輪を渡すタイミングは、プロポーズの前なのか後なのか決まりはありません。

婚約指輪は愛の証であり、プロポーズの感動は一生忘れられない思い出となります。ご紹介した婚約指輪を用意するタイミングとポイントを参考にしながら、彼女の希望に沿うプロポーズを計画しましょう。

 

婚約指輪

ENGAGEMENT RINGS

選び抜いた高品質のダイヤモンドの輝きが、
最大限引き立つデザインを追求したエンゲージリング。

 

もっと知りたい!続けてお読みください