婚約指輪

永遠の愛を誓うおふたりにふさわしいピンクダイヤ。込められた意味や評価基準をご紹介

2020-11-30(最終更新日:2021/03/18)

無色透明で硬度があるダイヤモンドは「永遠の愛」を象徴し、婚約指輪や結婚指輪に留める宝石として人気です。しかし、中には無色透明ではなく、ピンク色をしたダイヤモンドもあることをご存知でしょうか。

ここでは、カラーダイヤの中でも高い人気を誇る「ピンクダイヤモンド」に関する基礎知識をご紹介します。

 

 

 

 

ピンクダイヤモンドとは?

ダイヤモンドの中には無色透明なものだけではなく、色を帯びた「カラーダイヤモンド」と呼ばれるものもあります。カラーダイヤモンドにはブルーやイエロー、レッド、ブラックなど12色ありますが、その中でも人気が高いのがピンクダイヤモンドです。

 

世界中に供給されるピンクダイヤモンドの約90%を産出しているのが、オーストラリア北部にあるアーガイル鉱山です。アフリカの一部でもピンクダイヤモンドは採掘されていますが、色鮮やかで美しいピンクダイヤモンドはアーガイル鉱山でしか採掘されません。産出量も無色透明なダイヤモンドの0.1%ほどといわれている、非常に希少な宝石です。

 

また、天然のピンクダイヤモンドがなぜピンク色に発色するのかは、諸説あるものの具体的に解明されておらず、その希少性の高さとミステリアスさから「奇跡の石」と呼ばれることもあります。

愛や幸福、永遠の絆のシンボルともされていて、ブライダルジュエリーとして人気が高い宝石のひとつです。

 

 

ピンクダイヤモンドの持つ意味

 

ピンクダイヤモンドは無色透明のダイヤモンドが持つ意味に加えて、「完全無欠の愛」や「完結された愛」など、恋愛にぴったりな意味を持つ、永遠の愛を誓う結婚に相応しい宝石です。

希少性の高いピンクダイヤモンドを結婚指輪にあしらえば、ふたりが出会い結婚するという奇跡を祝福することにつながるのではないでしょうか。

 

また、ピンクダイヤモンドは「ゴール」や「最終決定」という意味も持ちます。生涯愛し続けることを誓うために、ピンクダイヤモンドを留めた婚約指輪をプロポーズに用意するのも素敵です。

 

 

ピンクダイヤモンドの評価基準

 

一般的な無色透明のダイヤモンドは、「4C」と呼ばれる「カラット(Carat:重さ)」「カラー(Color:色)」「クラリティ(Clarity:透明度)」「カット(Cut:形状・研磨)」の4つで評価されますが、ピンクダイヤモンドは評価基準が異なります。

 

これは、ピンクダイヤモンドそのものが希少性の高い宝石なので、カットにこだわることで重量が減ってしまうのを避けるためです。内包物が比較的多いという特徴もあるため、評価の際はカラーグレードが特に重要とされています。

ここからは、ピンクダイヤモンドの色の評価基準についてご紹介します。

 

色の彩度・明度

ピンクダイヤモンドの彩度・明度(色の濃さ・明るさ)は、大きく9種類に分けることができ、最も色が薄いものは「フェイント」、最も色が濃く暗いものが「ファンシーディープ」と呼ばれます。

 

美しいピンクダイヤモンドのカラー基準は「ファンシーピンク」という色で、「ファンシービビッド」や「ファンシーインテンス」など、色が濃く鮮やかなものほど評価が高くなります。

 

色のトーン(色調)

ピンクダイヤモンドの色のトーン(色調)は、「ピンク」「パープリッシュピンク」「ブラウニッシュピンク」「オレンジッシュピンク」の4種類です。

基本的には通常のピンクが高く評価され人気ですが、少し紫色に寄ったパープリッシュピンクも発色が美しく希少性が高いことから、ピンクより評価される場合もあります。

 

茶色がかったブラウニッシュピンクと赤みがかったオレンジッシュピンクは、アフリカの一部でも採掘されることがあるピンクダイヤモンドです。この2種類は、ピンクやパープリッシュピンクに比べると評価が落ちるとされています。

 

 

ピンクダイヤモンドを留めた指輪は歳を重ねても素敵

 

ピンク色と聞くとフェミニンで可愛らしい印象を持たれ、歳を重ねてから似合わないのではないかと考える方も多いかもしれません。しかし、彩度や色調の種類からもわかるように、ピンクダイヤモンドといっても、その色合いはさまざまです。

 

中には優しい色合いのピンクダイヤもあるので、指輪のワンポイントとしてさりげなく留めることもでき、歳を重ねても着け続けられます。男性の方がコーディネートのワンポイントとして、ピンクダイヤモンドをあしらった指輪を取り入れるのも良いでしょう。

 

美しいピンクダイヤモンドが持つ希少価値の高さは、一生もののジュエリーに相応しいものといえるのではないでしょうか。

 

 

ピンクダイヤモンドで特別な指輪に

 

ダイヤモンドの中でも特に産出量が少なく、希少性が高いピンクダイヤモンド。近年はアーガイル鉱山の産出量が減少し、近いうちに枯渇するともいわれているなど、今後は更に希少性が高まっていくと考えられている宝石でもあります。

 

4℃ブライダルでは、婚約指輪や結婚指輪に留めるメレダイヤモンドを、貴重なピンクダイヤモンドのルース(裸石)でつくるサービスも行っています。結婚に相応しい意味を多く持つピンクダイヤモンドを留めた指輪で、ふたりの絆をさらに深めてみてはいかがでしょうか。

 

ブライダルサービス

BRIDAL SERVICE

生涯を通しておふたりがおふたりらしく輝き続けていただくために、さまざまなサービスをご用意しております。

 

もっと知りたい!続けてお読みください