Bridal Journal

2019.06.20結婚指輪 (最終更新日:2019/06/20)

誕生石で特別感ある結婚指輪に! 誕生石が持つ意味や留め方とは

誕生石で特別感ある結婚指輪に! 誕生石が持つ意味や留め方とは誕生石で特別感ある結婚指輪に! 誕生石が持つ意味や留め方とは

ふたりの愛の象徴ともいえる結婚指輪を選ぶにあたって、「ふたりだけのもの」という特別感を出したい方も多いのではないでしょうか。特別感を出すため、素材オーダーや刻印だけでなく、指輪に誕生石を留める方もいらっしゃいます。

 

今回は各月の誕生石の意味や留め方、結婚指輪に留めるメリットなどをご紹介します。

誕生石の意味とは

誕生石の意味とは誕生石の意味とは

誕生石とは、1月から12月までの各月にちなむ宝石のことです。誕生石の由来は諸説ありますが、旧約聖書の「エジプト記」や新約聖書の「ヨハネの黙示録」に12種類の宝石について記述があり、これらがルーツといわれています。

現在のような誕生石の原形は、18世紀頃にポーランドの宝石商が考案したとされており、そこから庶民の間にも誕生石を身に着ける習慣が広まったそうです。

 

現在日本で指定されている誕生石は、1958年に全国宝石卸商協同組合が定めたものです。1912年に米国宝石商組合が定めた誕生石を基準とし、3月にサンゴ、5月にヒスイという日本になじみの深い宝石を加えるなど、日本独自のラインナップとなっています。

 

誕生石はその月に生まれた人の守護石となり、身に着けるとご加護があると言い伝えられています。ずっと身に着けていることの多い結婚指輪に誕生石を留めることで、ご加護をしっかりと受けることができるでしょう。

各月の誕生石と石の持つ意味

各月の誕生石と石の持つ意味各月の誕生石と石の持つ意味

国によって誕生石は異なり、各月に1つだけとは限りません。ここでは、各月の誕生石と意味を見ていきましょう。

 

【1月:ガーネット「真実の絆」】

深い赤色のガーネットは「実りの象徴」という意味もあり、人間関係に効果を発揮するといわれています。

 

【2月:アメシスト「誠実の証」】

紫色のアメシストですが、色の濃度には幅があり、理想的な色合いのものはディープ・シベリアンと呼ばれます。語源であるギリシャ語の「amethystos」は「お酒に酔わない」という意味で、感情に流されず冷静さを保つともいわれています。

 

【3月:アクアマリン「幸福の絆」】

アクアマリンはその名の通り青色ですが、その色合いは薄いものから緑がかったものまで幅広いです。幸せな結婚や子宝に恵まれる、人生に迷った時に希望の光をもたらすとされています。

 

【4月:ダイヤモンド「ゆるぎない愛」】

無色透明で宝石の中で最も硬いダイヤモンドは、「永遠の絆」という意味もあることから、婚約指輪にほどこされることも多いです。

 

【5月:エメラルド「変わらぬ愛」】

深い緑色のエメラルドは世界4大宝石のひとつでもあり、「愛」や「幸福」を石言葉に持ち、古くから人々に愛されています。

 

【6月:ムーンストーン「永遠の恋人」】

一般的に知られているのは乳白色、または半透明が多いですが、オレンジや緑色など豊富な色を持ちます。「恋人たちの石」ともいわれ、真珠のような青くやわらかい光を放つ独特の魅力があります。

 

【7月:ルビー「情熱の証」】

鮮やかな赤色が特徴的なルビーはダイヤモンドの次に硬く、「勝利を呼ぶ石」としても親しまれており、生命力や絆を高めてくれる宝石です。

 

【8月:ペリドット「輝ける絆」

ペリドットは爽やかな黄緑色で、「夫婦愛」や「運命の絆」という意味を持ち、絆を深め夫婦円満に役立つといわれています。

 

【9月:サファイア「穏やかな心」】

ルビーと同じ「コランダム」という鉱物で、その中でも青色のものをサファイアと呼びます。石言葉には「慈愛」や「誠実」などもあり、人との調和を高める効果を持つ宝石です。

 

【10月:トルマリン「惹かれ合う絆」】

カラーバリエーションが多く、ピンクや緑色など、豊富な色をもつトルマリンは、困難な状況に打ち勝ち、目標を達成する手助けをしてくれるといわれている宝石です。

 

【11月:シトリン「わかちあう心」】

黄色いシトリンは幸運の石として富をもたらし、困難を乗り越える勇気と知恵を与えてくれるといわれています。

 

【12月:タンザナイト「永遠の絆」】

紫がかった青色のタンザナイトには、見る角度によって色が変わる「多色性」という特徴があります。緊張をほぐし、落ち着きをもたらすといわれる石です。

誕生石の留め方・留めるメリットとは

結婚指輪への誕生石の留め方や、誕生石を留めるメリットなどを具体的にご紹介します。

誕生石は結婚指輪の内側に留める

結婚指輪の場合、誕生石は指輪の内側に留めるのが定番です。指輪の内側に留める石のことを「シークレットストーン」などと呼ぶこともあります。

内側に留める理由は、誕生石は硬度が高くないものもあり、表面に留めることで傷がついたり割れたりしてしまうこともあるからです。内側に留めることで、結婚指輪のデザインを損なうことなく「隠れたおしゃれ」として誕生石を楽しむことができます。

 

自分の結婚指輪には自分の誕生石を留める方が多いですが、お互いの誕生石を交換して留める方もいらっしゃいます。また、ひとつのダイヤモンドの原石を半分に分かち合いそれぞれの指輪の内側に留めることで世界にひとつの組み合わせにするサービスも人気です。

 

⇒4℃ブライダルのブライダルサービス

結婚指輪に誕生石を留めるメリット

結婚指輪の内側に誕生石を留める場合、職場に派手な指輪をしていけない場合でも問題なく日常使いができます。派手なデザインが苦手な男性でも、内石なら抵抗なく取り入れることができるでしょう。

 

ふたりでデザインの異なる結婚指輪を選んだ場合も、内側に誕生石を留めることでペア感が出ます。また、お互いの誕生石を留めるとつながりを感じられるという利点もあります。

誕生石に込められた意味を知っておくことで、お互いへの想いも再確認できるのではないでしょうか。

誕生石を使ってふたりだけの特別な結婚指輪に

デザインがシンプルでも誕生石を留めることで、ふたりらしい特別な結婚指輪になります。お互いの誕生日やイニシャル、メッセージなどの刻印と組み合わせると、よりオリジナリティが出せるでしょう。

結婚指輪にふたりだけの特別感を出したいとお考えの方は、指輪の内側に誕生石を留めることを検討してみてはいかがでしょうか。

婚約指輪・結婚指輪をお探しなら
4℃ブライダル

おふたりに寄りそって大切な
リング選びをお手伝いさせていただきます。

美しさと心地よさを追求した4℃のブライダルリング
1972年から大切にしてきたのは
「身に着ける女性と調和し、内なる魅力を引き出す」ジュエリー。
確かな品質でつくられた信頼の煌めきを
お約束いたします。
永遠の愛をさらに輝かせる 4℃のブライダルリング
  • 2019 Year model Oure Story2019 Year model Oure Story
  • 婚約指輪婚約指輪
  • 結婚指輪結婚指輪