Bridal Journal

2019.01.11結婚指輪 (最終更新日:2019/01/11)

結婚指輪はどの指に着ける? 左手と右手の指が持つ意味とは

結婚指輪はどの指に着ける? 左手と右手の指が持つ意味とは結婚指輪はどの指に着ける? 左手と右手の指が持つ意味とは

「結婚するまで左手の薬指はとっておく」という方がいらっしゃるように、結婚指輪は左手の薬指に着けるというのが一般的なイメージです。しかし、人によっては左手の薬指に着けられない事情もあります。そもそも、結婚指輪は左手の薬指にはめなくてはならない、という決まりは存在するのでしょうか?

 

今回は、結婚指輪はどの指に着けるべきなのかを解説いたします。それぞれの指に込められている意味や、海外での結婚指輪の着け方もあわせて見ていきましょう。

結婚式の指輪交換は必ず左手の薬指へ

結婚指輪は、左手の薬指にはめなければならないと決められている時があります。それは、結婚式での指輪交換のセレモニーです。指輪交換では、必ずお相手の左手薬指に指輪をはめることになります。そのため、婚約時から婚約指輪を左手薬指にはめている場合は、あらかじめ右手の薬指に変えておきましょう。


婚約指輪は結婚指輪の交換を終えて、互いに指輪をはめた後、結婚指輪の上に重ね付けするのが正式な着け方とされています。これは、結婚指輪の外側から婚約指輪を着けることにより、「永遠の愛の証」として封じられるからです。

左手の薬指に結婚指輪をはめる理由は?

左手の薬指に結婚指輪をはめる理由は?左手の薬指に結婚指輪をはめる理由は?

結婚指輪を左手の薬指にはめるようになったのは、古代ギリシャの習慣が由来といわれています。古代のギリシャでは、心臓は感情を司っている場所とされており、その心臓に繋がる血管が左手の薬指にあると考えられていました。左手薬指は、心に直結する神聖な場所だったのです。その指に愛の証である結婚指輪をはめることで、「相手の心を強くつかむ」と信じられていました。そうして、今でも永遠の愛を誓う時は、左手の薬指に結婚指輪をはめるようになったのです。


その他にも、左手の薬指は日常生活ではあまり使わないため、指輪の傷や損失の可能性が低くなるから、という説もあります。

それぞれの指に込められている意味

それぞれの指に込められている意味それぞれの指に込められている意味

指輪は左手の薬指以外にも、はめる指によって意味が変化します。

 

親指にはめた指輪はサムリングと呼ばれており、どんな願いも叶えてくれるといわれています。右手には「指導力を与える」、左手には「信念を貫いて目標や夢を実現させる」という意味が込められています。

 

人差し指は、自立心を向上させてくれる指です。右手には「集中力や行動力を高める」、左手には「目標に向かって積極的に行動できる力を生み出す」という意味があります。

 

中指には、左手に協調性を高める効果、右手にひらめきや直感の効果があるとされています。それぞれ「空気を読む力や協調性、判断力を高める」、「邪悪なものから身を守る」という意味が込められています。

 

先に述べた薬指の左手は「永遠の愛、愛や絆を深める」という意味を持ち、まさに婚約指輪や結婚指輪をはめるのにふさわしいものです。一方、右手には「不安を取り除く、精神的に安定する」という意味が込められおり、創造力や直感力を高める力を持っています。


小指はチャンスを掴んでくれる指といわれており、小指にはめる指輪のことをピンキーリングと呼びます。左手が「願いが叶う、恋を引き寄せる」、右手が「自分の魅力を発揮する、困難を乗り越える」という意味を持ちます。

世界には右手や足の指にはめる国も

世界には右手や足の指にはめる国も世界には右手や足の指にはめる国も

それぞれの指に意味があるように、世界の国々では、左手の薬指以外に結婚指輪を着けている地域もあります。例えば北欧やドイツ、オーストラリアなどでは右手の薬指に結婚指輪を着けることもあります。その理由は、キリスト教では右手の薬指が「正義の象徴」といわれているからです。右手の薬指に結婚指輪を着けることで、「この人を一生愛します」という永遠の誓いを意味しています。また、インドや東南アジアでは足の指に結婚指輪を着ける地域もございます。これらの地域では靴を履くという習慣がなく、普段から足の指に指輪をはめているからです。


このように、すべての国で結婚指輪を着ける位置は左手の薬指、と決まっているわけではございません。日本においても同様で、「婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指に」という説は一般的ではあるものの、実は厳密な決まりではありません。右手でも左手でも、薬指ではない別の指にはめても問題はないのです。

自分に合った着け方をしましょう

結婚指輪は、おふたりの永遠の愛を誓った証として一生身に着けることとなる指輪です。事情があって左手の薬指に結婚指輪を着けられない方は、無理に左に着ける必要はございません。風習に左右されることなく、別の着けやすい指にはめましょう。なかにはどの指にも着けず、結婚指輪をチェーンに通してネックレスにしている方もいます。

自分に合った着け方で結婚指輪を身に着け、夫婦の絆を深めましょう。

婚約指輪・結婚指輪をお探しなら
4℃ブライダル

おふたりに寄りそって大切な
リング選びをお手伝いさせていただきます。

美しさと心地よさを追求した4℃のブライダルリング
1972年から大切にしてきたのは
「身に着ける女性と調和し、内なる魅力を引き出す」ジュエリー。
確かな品質でつくられた信頼の煌めきを
お約束いたします。
永遠の愛をさらに輝かせる 4℃のブライダルリング
  • 2019 Year model Oure Story2019 Year model Oure Story
  • 婚約指輪婚約指輪
  • 結婚指輪結婚指輪