Bridal Journal

2019.03.11プロポーズ (最終更新日:2019/03/11)

プロポーズされたら何をするべき? 返事の仕方やその後の流れとは

プロポーズされたら何をするべき? 返事の仕方やその後の流れとはプロポーズされたら何をするべき? 返事の仕方やその後の流れとは

プロポーズは、ふたりにとって人生の一大イベント。プロポーズをされたら嬉しい気持ちでいっぱいになることでしょう。しかし、返事やプロポーズを受け入れた後はどうすればよいのでしょうか。嬉しいことなのに、対応で戸惑ってしまう方も多いかもしれません。

そこで今回は、プロポーズから結婚までを滞りなく進められるように、プロポーズを受けた際の返事の仕方や、その後の流れについてご紹介します。

プロポーズされたら何をすればいい?

プロポーズされたら何をすればいい?プロポーズされたら何をすればいい?

プロポーズされた場合、まずは相手に結婚を受け入れるかどうか返事をしなければなりません。プロポーズの返事のタイミングや方法、結婚までにすべきことなど、プロポーズされてからの流れを見てみましょう。

プロポーズの返事のタイミングや言葉、方法は?

プロポーズされた場合、その場ですぐに返事をする方がほとんどです。プロポーズの返事に正解はありませんが、一般的には下記のようなシンプルな言葉が好まれるようです。

 

「はい」

「喜んでお受けします」

「よろしくお願いします」

 

一方、事情があって当日すぐには返事ができない場合もあるでしょう。ただ、相手の方も緊張しながら結婚を申し込んでいます。できるだけ相手を不安にさせないよう、誠実に対応することが大切です。

そのような場合は「少し考えさせてほしい」など、時間をおいて考えたいということを素直に伝えます。回答を待ってもらう場合はいつまでに返事をするかを伝え、早めの返事を心がけましょう。何の期限もなく返事を引き延ばしてしまうと、相手の不安を大きくさせてしまうかもしれません。もし約束をした日までに結論が出なかった場合でも、相手の方に一度連絡を入れるようにしましょう。

 

プロポーズを何度もするのは勇気が必要です。自分の素直な気持ちが固まり次第、待たせたことへの謝罪と感謝の気持ち、そしてプロポーズを受ける言葉を自分から伝えましょう。

婚約指輪などのプレゼントにお返しは必要?

男性が女性にプロポーズをする際は、婚約指輪などのプレゼントを一緒に贈ることが多いです。婚約指輪を贈られた場合は、感謝の気持ちを伝えつつ受け取りましょう。

 

婚約指輪に対するお返しは絶対に必要なものではありません。しかし、指輪の半額程度のものをお返しする「半返し」としてプレゼントを贈る方も多くいらっしゃいます。女性から男性へ婚約指輪のお返しとして贈るプレゼントは、腕時計や財布、スーツやネクタイなどが定番です。

プロポーズされてからやるべきことは?

プロポーズを受け入れた後は、具体的に結婚に向けた準備を始めます。ここではそれぞれの段取りについてご紹介します。

 

<両親への挨拶>

まずは両家のご両親に結婚報告をします。あらかじめご両親の都合のいい日を確かめ、お相手を連れてくることを伝えておくとよいでしょう。一般的には女性の家から先にいくことが多いのですが、都合次第でどちらの家への挨拶が先になっても構いません。

 

<結納・食事会など>

両家の顔合わせを兼ねて結納や食事会を行います。結納は婚約の儀式であり、婚約記念品を取り交わすなど伝統的な進め方があります。これに対し、食事会は両家の親睦を深めることが目的で、結納よりもカジュアルなものです。

どちらにするか、あるいは両方行うかということに、決まったルールはございません。両家で話し合って決めましょう。昨今は簡略化されて顔合わせだけで済ませる方も増えてきています。

日程は、結婚式の3〜6ヵ月くらい前の吉日(大安、友引、先勝など)がおすすめです。

 

<結婚指輪の用意>

結婚指輪は入籍時や記念日など、いつから着けはじめても構いません。しかし、ふたりの指にあわせた指輪を準備するのには多少の時間がかかります。

既成のデザインの結婚指輪を選んだ場合でも、サイズ直しや刻印入れなどの調整を行う場合、約1〜3週間程度かかります。また、オーダーメイドの結婚指輪はデザインが決まってからさらに1〜1ヵ月半ほどの時間が必要です。

結婚式を挙げる場合には、挙式に間に合うように結婚式の3〜4ヵ月前ごろから指輪を選びはじめましょう。

 

<結婚式の準備>

結婚式場を選び日取りを決めます。ゲストが決まったら招待状を発送し、同時に披露宴の内容を考えます。料理や飲物、引出物、会場装花などに加え、プログラムや演出の準備など、結婚式の準備では決めることが多く、綿密な打ち合わせが必要になってきます。また、当日着る衣装も早めに選んでおきましょう。

 

⇒4℃ブライダルの結婚指輪を探す

 

<入籍>

婚姻届は夫、又は妻の本籍地か所在地で提出することができます。所在地は一時的な所在場所でも構いませんので、旅行先での提出も可能です。夜間窓口がある場所であれば、365日、24時間受理することができます。誕生日や出会った日など、記念日に入籍する方も多いようです。

ただし、書類に不備があると受け付けてもらえないので、事前に役所などで確認しておくとより安心です。

プロポーズ後の流れを知ってスムーズに準備を進めよう

プロポーズをされたら、その後は結婚式や入籍にかかわる準備が多く、あっという間に時間が過ぎてしまいます。おふたりにとって大事な日を滞りなく迎えられるように、何事も段取りよく進めていくことが大切です。お相手の方はもちろん両家の家族などとよく話し合い、わからないところは協力しあいながら進めていきましょう。

婚約指輪・結婚指輪をお探しなら
4℃ブライダル

おふたりに寄りそって大切な
リング選びをお手伝いさせていただきます。

美しさと心地よさを追求した4℃のブライダルリング
1972年から大切にしてきたのは
「身に着ける女性と調和し、内なる魅力を引き出す」ジュエリー。
確かな品質でつくられた信頼の煌めきを
お約束いたします。
永遠の愛をさらに輝かせる 4℃のブライダルリング
  • 2019 Year model Oure Story2019 Year model Oure Story
  • 婚約指輪婚約指輪
  • 結婚指輪結婚指輪