Bridal Journal

2019.02.19結婚指輪 (最終更新日:2019/10/18)

結婚指輪の人気デザインはどれ? 自分の指に合うデザインを探そう

結婚指輪の人気デザインはどれ? 自分の指に合うデザインを探そう結婚指輪の人気デザインはどれ? 自分の指に合うデザインを探そう

す。そのなかでも特に重視されるのが、指輪の印象を大きく左右する「デザイン」ではないでしょうか。

どのようなデザインの結婚指輪にしようかと考えるだけで、ふたりの未来への希望も高まります。

 

今回は、人気のあるデザインや幅・厚みによる印象の違い、指のかたちに合わせたおすすめのデザインをご紹介します。おふたりに似合う結婚指輪のデザインを見つけるための参考にしてください。

結婚指輪の人気デザインは大きく分けて3種類

「永遠に続く愛情」を象徴し、日常的に着用する結婚指輪は婚約指輪に比べて比較的シンプルです。そのため、指輪のデザインによって印象が大きく変化します。

ここでは、結婚指輪の人気デザインであるストレート・ウェーブ・V字デザインの特徴をご紹介します。

定番のストレートデザイン

定番のストレートデザイン定番のストレートデザイン

最も定番で、流行に左右されないデザインの結婚指輪がストレートタイプです。普段アクセサリーを身に着けない男性も着けやすいシンプルなデザインで、夫婦でおそろいのかたちのものを着けたいという方に人気です。また他の指輪とも相性が良く、婚約指輪と重ね着けを検討されている方にもおすすめです。

 

なお、ストレートデザインの指輪は幅2.5mmのものが主流で、3mmだとカジュアルになりすぎない程度に存在感を持たせることができます。

 

結婚指輪のデザインでもオーソドックスすぎないものを選びたい場合は、かたちはストレートのままゴールド素材を使用することで華やかで魅力的な印象を与えます。

 

⇒ストレートラインの結婚指輪を探す

優しい印象を与えるウェーブデザイン

優しい印象を与えるウェーブデザイン優しい印象を与えるウェーブデザイン

ウェーブデザインは別名S字デザインとも呼ばれ、波打つようなデザインが上品で優しく柔らかい印象を与えながら、手元を美しく彩ります。ストレートではシンプルすぎて少し物足りないという方におすすめのかたちです。

美しいラインから女性向けと思われることが多いですが、指を長く見せ、関節などの太さを隠してくれる効果があるため、男性にも向いています。

 

男性用ではプラチナなど、深みのある素材の曲線を楽しむデザイン、女性用ではウェーブの部分に数粒メレダイヤを施したデザインが人気です。

 

⇒ウェーブラインの結婚指輪を探す

スタイリッシュなV字デザイン

スタイリッシュなV字デザインスタイリッシュなV字デザイン

切れ込みの加減で印象が変わるのがV字デザインの特徴です。Vの谷が深いとクールでシャープな印象を与え、ゆるやかなV字型の指輪は女性らしく優しい雰囲気になります。このように、同じV字でもさまざまなかたちが選べるため、デザイン性も高くなります。

 

婚約指輪と結婚指輪のどちらもV字デザインのもので統一すると、ストレートの指輪を重ね着けした場合よりも一層華やかになります。ダイヤの美しさが際立ち、思わず目を惹く美しい指先が演出できるでしょう。

 

指輪のデザインそのものでも十分存在感がありますが、より個性的に華やかさを高めたい場合は、小さなメレダイヤが入ったものをお選びいただくのがおすすめです。

 

⇒V字ラインの結婚指輪を探す

 

ご紹介した3種類のデザイン以外にも、リングの全周にダイヤモンドを留めたエタニティリングや、半周程度にダイヤモンドが並んだハーフエタニティリングも人気のデザインとなっています。ゴージャスな結婚指輪をお探しの方は、ぜひご検討ください。

 

⇒エタニティリングの結婚指輪を探す

結婚指輪にダイヤモンドはあるべき?

近年はダイヤモンドが付いているデザインの結婚指輪も増えています。手元の印象を明るく彩ってくれたり、ダイヤモンドに視線が集まるため指輪全体の傷が目立ちにくくなったりとメリットが多く、何よりも、その華やかな輝きは女性の憧れでしょう。

 

ただし、結婚指輪は婚約指輪と異なり日常的に着用するものです。家事や仕事の際に引っ掛かりを感じる、年齢を重ねていくうちに飽きてしまったといったことがないように指輪を選ぶ必要があります。

特に、ダイヤを爪で留めているデザインの指輪は引っ掛かりが気になることもあるため、ダイヤ付きの結婚指輪を身に付けたい場合は、ダイヤが指輪に埋め込まれているデザインがおすすめです。

 

⇒結婚指輪はダイヤなしとあり、どちらを選ぶ? それぞれのメリットをご紹介

結婚指輪の幅や厚みもデザインの一部

結婚指輪のかたちと同時に注目したいのが、指輪の幅や厚みです。一般的な指輪の幅は女性が2.5mm、男性で3.0〜3.5mm程度で、それ以上のサイズの指輪は幅広のデザインになります。

厚みに関しては男女ともに1.5〜2.0mm程度で、それ以下のものだと強度が弱く、それ以上のものだと指輪を着けた際に重みを感じやすいです。

 

幅広デザインの指輪は存在感があるため、特にファッションに気を使う男性から支持されています。面積がある分刻印や装飾が施しやすく、好みの指輪に仕上げられる点も人気の理由でしょう。

細身のものは主張が強くなく手元で自然に輝き、重ね着けの際に向いています。特に指の細い女性などは細身の指輪がおすすめです。

 

しかし、幅広の指輪は指が細い場合に武骨な印象を与えてしまい、逆に細すぎるものは華奢な印象なので、指が太い方がすると指輪の存在感が薄れます。

このように、指輪は幅の太さでも印象が大きく左右されるので、結婚指輪のデザインを選ぶ際は幅の広さにも着目することが大切です。

指のかたちに合うデザインを探す

結婚指輪は好みでデザインを選んでも構いませんが、手元をより美しく見せるためには、指輪と指のかたちとのバランスが大切になります。

指のかたちはひとそれぞれ異なり、細い、太い、長い、短いなど個性があります。指輪を着けることで指の長所を生かしたり、短所をカバーしたりすることが可能です。

ここでは指のかたち別に、手が綺麗に見えるおすすめのデザインをご紹介します。

指が細い人におすすめのデザイン

指の細い方は手の印象とのバランスを考慮すると、ボリュームのある指輪よりもシンプルなタイプの指輪がおすすめです。

 

【細くて長い指】

シンプルで華奢なストレートデザインの結婚指輪がおすすめです。指の長さが強調されるため、もともとの美しい手元の魅力を活かすことができます。細長い指に似合う、幅が細めで華奢なデザインのものを選ぶと良いでしょう。

 

【細くて短い指】

曲線のあるウェーブやV字のような、指を長く見せてくれるデザインの結婚指輪がおすすめです。特にV字デザインの指輪は指を短く見せる原因である水かき部分を上手に隠してくれます。指輪の幅は細めにするとバランスが良くなります。

指の太さが気になる人におすすめのデザイン

指の太さが気になる方には、華奢なものよりも幅広でボリュームのあるタイプがおすすめです。またデザイン性のある指輪も良いでしょう。幅が細い繊細なデザインの指輪をお選びになる場合は、重ね着けをしてボリューム感をプラスすると指輪に存在感を与えることができます。

 

【太くて長い指】

大きな手の方は、ボリューム感や華やかさのあるデザインの結婚指輪がおすすめです。センターストーンや縦長シルエットの指輪も素敵ですし、ストレートのデザインを選ぶ場合でも幅広のデザインだと指輪のボリューム感があるため、指の太さを目立たせません。

 

【太くて短い指】

縦のラインが強調できるデザインの結婚指輪がおすすめです。V字やS字など波打つようなデザインのものを選ぶと、指をすっきりと長く見せてくれます。

結婚指輪は自分の指に似合うデザインを選ぶことが大切

結婚指輪は見た目の好みだけでなく、「自分に似合うか」という点に注目して選ぶことも大切です。店舗で指輪を試着する際は、手元だけを見てその指輪が好みかどうかを見る以外に、鏡に全身を映して全体的なバランスがあっているかどうかも確かめておきましょう。

 

自分に似合う結婚指輪として毎日着けられるデザインか、着け心地は良いかなども考慮して、一生着けるのにふさわしい素敵なデザインの結婚指輪をお選びください。

 

⇒4℃ブライダルの結婚指輪を探す

婚約指輪・結婚指輪をお探しなら
4℃ブライダル

おふたりに寄りそって大切な
リング選びをお手伝いさせていただきます。

美しさと心地よさを追求した4℃のブライダルリング
1972年から大切にしてきたのは
「身に着ける女性と調和し、内なる魅力を引き出す」ジュエリー。
確かな品質でつくられた信頼の煌めきを
お約束いたします。
永遠の愛をさらに輝かせる 4℃のブライダルリング
  • 2019 Year model Oure Story2019 Year model Oure Story
  • 婚約指輪婚約指輪
  • 結婚指輪結婚指輪