結婚準備

同棲にかかる費用・挨拶は?結婚前に一緒に住むメリット・デメリット

2021-07-29(最終更新日:2021/07/29)

カップルの中には、結婚してから一緒に暮らすのではなく、結婚前に一緒に住む「同棲」をはじめる場合があります。結婚前の同棲には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?また、同棲にかかる費用や親への挨拶、同棲にあたって準備することなど、幸せな同棲生活を送るコツについてご紹介します。

 

 

結婚前に同棲する?

付き合っている期間が長かったり、将来の結婚を約束している場合、また、恋人といつも一緒にいたいと思うカップルは、同棲を考えるのではないでしょうか? 昨今bは、同棲を前向きに考えている人も増えているようです。とくに、結婚を考えているカップルにとって、同棲は「結婚生活のシミュレーション」になるという側面もあると考えられます。

同棲のメリット・デメリット

同棲するカップルが増え、多くの人が「同棲してよかった」と考えているようですが、同棲にはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

メリット

同棲することの最大のメリットは、恋人と長く一緒にいられることでしょう。2人の自宅が遠く離れていたり、仕事で忙しかったりすると、なかなかデートに出かける時間が作れないもの。でも同棲すれば、毎日一緒に過ごすことができて、2人の仲が深まるでしょう。 また、2人で一緒に暮らすことで、家賃や光熱費などの経済的負担が軽くなることもメリットとして挙げられます。レストランや遊園地などに出かけるデートばかりだとお金がかかりますが、同棲していれば2人の生活費を抑えることができるので、経済面でも助かります。結婚を考えているカップルなら、同棲しながら結婚式や新婚旅行の資金を貯めることもできるでしょう。 さらに、夜寝てから朝起きるまでずっと一緒に過ごすことで、お互いの生活スタイルや暮らし方を知ることができます。付き合っているときには気づかなかった一面や価値観などを知って、結婚した後のイメージがつかみやすくなるはずです。同棲することで、お互いの相性を改めて確認できることも、大きなメリットとして考えられます。

デメリット

同棲することのデメリットとして、新婚生活の楽しみやドキドキ感が薄れてしまうことを挙げる方もいるでしょう。大好きな人と結婚して、はじめて一緒に暮らすことになったら、毎日がハッピーで、ワクワクするはずです。しかし、結婚前に同棲してしまうと、新婚生活の新鮮味が損なわれてしまうように感じるのかもしれません。 また、同棲生活が長くなることで、「結婚のタイミングをはかるのが難しくなってしまうかも…」と懸念する場合もありそうです。長い期間同棲していると、お互いに「すでに結婚しているようなものだ」と思ってしまうことも考えられます。 でも、そんな風に感じたときこそ、結婚に踏み切るチャンスともとらえられるのではないでしょうか。結婚という新しいステップを踏むことで、2人の新たな生活がスタートするのですから…!

同棲にかかる費用は?

同棲をはじめるなら、まず最初に2人が暮らす部屋を借りる必要があります。賃貸物件に入居する際は、敷金、礼金、仲介手数料などの費用がかかります。さらに、引っ越し代金や、家具・家電の購入費用、火災保険料などがかかり、合計で家賃の5~6ヶ月分程度の費用が必要となると言われています。家賃が10万円の物件なら、50万円~60万円ほどは用意しておきたいところです。もし、2人のどちらかが一人暮らしをしていて、その家で同棲を始める場合や、2人が持っている家具・家電を利用できる場合は、費用の一部を削減できるでしょう。

同棲で準備すること

同棲を行うにあたって、2人で準備しておきたいことがいくつかあります。

親への挨拶

同棲する際、お互いの両親へ挨拶を行うカップルと、挨拶せずに同棲を始めるカップルがいるようです。しかし、結婚を考えて同棲するなら、両家の親に挨拶をしておくほうがベター。安易な気持ちで同棲をはじめるのではなく、将来について真剣に考えていると伝えることができるので、双方の親への印象はずっといいはずです。とくに、女性の親の方が同棲に対して敏感になる場合が多いので、女性の親にだけ挨拶をするカップルもいるようです。

ルール決め

同棲してトラブルになりやすいのが、生活費や家事の分担について。家賃や高熱費をすべて2人で折半にするのか、「家賃は彼、光熱費は彼女」というように費用ごとに2人で分担を決めるのか、かかる生活費を想定してどのように負担するのか事前に決めておきましょう。 また、料理、掃除、洗濯といった家事の分担についてもあらかじめ決めておくことで、どちらかだけが負担を感じてしまうことを避けられます。 さらに、結婚を考えて同棲を始めるなら、同棲期間はいつまでにする、などと2人で話し合って最初に決めておいた方が、確実に結婚へと進みやすくなるでしょう。

同棲のコツ

いくら愛し合っている2人でも、同棲をするとお互いにストレスを感じることだってあるかもしれません。ここからは、ケンカをせず、楽しい同棲生活を送るためのちょっとしたコツをご紹介しましょう。

コツ1:プライベートな時間を作る

誰だって、1人になってゆっくりしたいと思うときがあるはず。趣味に没頭したり、友達と電話を楽しんだり…。それぞれのプライベートな時間を、お互いに尊重し合って、邪魔しないことが大切です。 同棲する部屋は、ベッドルームとリビングを別にした1LDKタイプにして、それぞれが別の部屋で過ごす時間が作れるようにするなど、工夫してみましょう。また、近くに一人でのんびりできるカフェや公園などがないか、事前にチェックするのもいいでしょう。

コツ2:思いやり&コミュニケーションを大切に

一緒に暮らしていると、「最近、私ばっかり部屋の掃除をして、彼が掃除してくれない」「食費は彼女が払う約束なのに、金欠だからと払ってくれない」など、小さな不満が出てくる場面があるかもしれません。 そんなとき、不満をため込んでしまうと、あとで大きなケンカになりかねません。そうならないためにも、日頃からコミュニケーションを取りあって、やってほしいこと、自分の考えなどをとことん話し合うようにしましょう。

コツ3:ジュエリーをプレゼントする

同棲生活で重要なのは、いつもお互いを思いやる気持ち。ともに生活をしていれば、毎日の家事のこと、経済的な負担のことなど、2人が協力しなければならない場面が多くあります。何かをしてくれたら、それを当然のことと思わず、いつも「ありがとう」という気持ちを忘れずにいたいもの。そんな感謝の気持ちを、ぜひジュエリーのプレゼントで表してみて。きっと2人の絆がぐっと深まり、お互いを大切に思う気持ちが増していきますよ。

幸せな同棲生活を

同棲にはささいなデメリットもありますが、それ以上に得られるメリットがたくさんあるもの。だからこそ、同棲経験者が「同棲してよかった」と口を揃えるのでしょう。幸せな結婚生活をはじめるための選択肢のひとつとして、同棲を考えてみてもいいのかもしれません。

 

もっと知りたい!続けてお読みください